BMIについて

   

メタボリックシンドローム対策がブームとなっている今、自分の脂肪の量が気になる人も増えてきてます。

内臓脂肪量は見た目だけで判断できない為、太っていないからといって安心は出来ません。

運動不足や行き過ぎた過剰なカロリー摂取などが原因で起こります。成人男性に多く、女性は閉経後から発症率が高くなります。

また、最近では無理なダイエットによりリバウンドをしたことが原因で脂肪が蓄積している人も少なくありません。

若い人にもメタボリックシンドロームの危険があります。

正確な内臓脂肪を測定するには、病院でCTスキャンなどをすることが必要です。需要も相まって近年では内臓脂肪に焦点を絞った内臓脂肪ドックを行う医療機関もあるくらいです。

しかし、料金も高いし、病院に行ってまで検査しなくても・・・。と思う人も多いと思います。

ここでは、そんな人の為に肥満かどうかを判断するBMIの測定方法と、TANITAの体脂肪計について説明しています。

BMIの測定方法

メタボリックシンドロームかどうか判断する前に、まず、自分が肥満かどうかを測定してみましょう。

肥満の傾向がある人はメタボリックシンドロームを引き起こす可能性も高くなります。

肥満かどうかを判断するには、BMIの値でわかります。BMIの値が25以上の人はメタボリックシンドロームの危険性が高くなります。

内臓脂肪の正確な量は分かりませんが健康維持の為の判断基準になりますよね。

TANITAの体脂肪計

最近では自宅で気軽に使用出来る体脂肪計がたくさん出ています。その中でもTANITAの体脂肪計は有名ですよね。

TANITAの体脂肪計は全身に加えて腕や足の脂肪率や筋肉量まで表示してくれるので、通常のものより高い精度で詳しくカラダの状態をチェックできます。

腕をおろしたラクな姿勢で使用出来るものなど何種類か販売されています。

これらを上手く活用して内臓脂肪の減少、健康な体作りにつなげていきましょう。

そんな昨今では、内臓脂肪を対象とした「内臓脂肪ドック」と呼ばれる検査を行う医療機関もあります。

ドックでは、メタボの原因となる内臓脂肪を何と直接腹部へのCTスキャンで測定することができます。

ドックではこのほかにも血液検査と血圧測定などを行い、メタボリックシンドロームのチェックを行います。空腹の状態で受診すれば、すぐにメタボの確定診断ができます。

内臓脂肪ドックで気になる内臓脂肪の測定やメタボのチェックをしてみませんか。

 - 未分類