内臓脂肪と体脂肪

   

肥満は様々の病気の原因になります。 肥満を作り出す原因は体脂肪です。

体脂肪はとても軽く、1kgと言っても面積的にはかなり大きなものになります。ダイエットなどで減らすことは出来ますが、体脂肪だけを減らすには長い時間を要します。

体脂肪には皮下脂肪と内蔵脂肪の2種類があります。皮下脂肪は皮膚の下、つまり筋肉の外側にあり、主に体型を作り出す脂肪です。

内蔵脂肪は内蔵の周りに蓄積し、ポッコリお腹の原因にもなります。

体脂肪の中でも内蔵脂肪は、生活習慣病の原因となる悪質な脂肪と言われています。その為、メタボリックシンドローム対策として現在注目されていますよね。

ここでは、そんな体脂肪の役割と、体脂肪を減らすダイエット方法について説明しています。

体脂肪の役割

体脂肪は人間が生命を維持していく上では欠かせないものです。

悪者扱いされがちな体脂肪ですが、これは毎日活動するための元気の源になるだけでなく、細胞やホルモンといった体の構成成分となります。そして何より体温を外気から守る緩衝材としての重要な役割もあります。

しかし、体脂肪は肉体に過剰に溜まると生活習慣病を発症させる原因になったり、それらを現状よりもさらに悪く悪化させる原因ともなります。

では体脂肪をゼロにすればよいかといえばそうではありません。

これが体内から極端に欠乏してしまうと今度は皮膚や髪の毛などのツヤ・ハリがなくなって老化現象が進んだりして見た目を大きく損なうことになります。また、体脂肪の欠乏はホルモンの分泌を異常にして体に様々な悪影響を及ぼすことはあまり知らていませんが、大きな問題です。

過剰なダイエットによって生理が止まったりするのはこの為です。自分に適切な体脂肪量をキープすることが健康な体作りにつながります。

体脂肪を減らすダイエット方法

無理な食事制限などによって、1日2日で1kg痩せたことがある人は多いと思います。

しかし、それは脂肪が1kg減ったとは考えられません。

主に筋肉が減ったり、食べ物や水分が胃などにない状態が影響していると思われます。

筋肉は体脂肪に比べて重い為、筋肉質な人と脂肪質な人とでは同じ体重でも体型がなり違ってきます。筋肉量を増やすことによって体の代謝を上げることが出来ます。

その反面、無理なダイエットは筋肉の量を減らし、太りやすい体を作ってしまうんです。

健康的に体脂肪を減らしていくには有酸素運動と食事制限を組み合わせることが有効です。30分以上のウォーキングなどの有酸素運動を週3回以上行います。

食事は栄養のバランスを考えながらカロリーを抑え、3色キチンと食べましょう。

 - 未分類